2016年11月26日土曜日

沼南散策(1) かにうちの森 (柏市・高柳) 2016.11.25

10月下旬に行われた「手賀沼流域フォーラム 講演会」で、大津川をきれいにする会の会長さんから紹介された「かにうちの森」に行ってみました。

「かにうちの森」は、東武野田線 高柳駅から歩いて10分ほどの場所にあります。

「かにうちの森」とその周辺
国土地理院 電子国土Webシステム配信の地図を利用

駅を出たら、大通りを真っ直ぐに東へと進み、船取線(千葉県道8号 船橋我孫子線)にぶつかったら右折します。
しばらく進んで、「Sanki」(サンキ)の建物が見えたら、その手前の道を左折します。
道なりに進むと、「こもれびの坂」に続く三叉路に行き当たります。
「かにうちの森」は、その近くにあります。

「こもれびの坂」へと続く三叉路 御嶽神社への案内標示があります

はじめに「かにうちの森」の周辺を見てみましょう。

「こもれびの坂」を下り、ほんの少し進むと橋が見えてきます。

「かにうちの森」の近くにある かにうち橋 右手は沼南高柳高校


かにうち橋は大津川に架かっています


橋の上から見た大津川の下流(北の方角)


橋には、小さな小さなプレートが貼ってありました

大津川をきれいにする会の会長さんのお話では、かにうち橋が近くにあることから「かにうちの森」と名づけられたとのことです。
それで、最初にこの橋を見てみたいと思ったわけです。

「かにうち」は、漢字では「蟹打」と書くようです。
船取線の「サンキ」(三喜)の近くに、ちばレインボーバスの「蟹打」というバス停があります。

「蟹打」は、『角川日本地名大辞典  12  千葉県』のカバーの背には『千葉県地名大辞典』と大きく印刷されています)の「小字一覧」に、高柳の小字名として載っています。
この地名の由来については、調べてはみたものの、分かりませんでした。

かにうち橋から続く「こもれびの坂」の下には青面金剛像が建っています


青面金剛像
宝暦11年(1761)11月吉日 高柳村 造立

青面金剛像の近くに、色鮮やかなマユミの実が鈴生りに生っていました。

マユミ(檀、真弓、檀弓) ニシキギ科 ニシキギ属
別名 ヤマニシキギ(山錦木)


では、「かにうちの森」を見ていくことにしましょう。

「かにうちの森」は、低地の斜面林につくられた花壇と、高台の樹林地の2カ所からなっています。

「かにうちの森」配置図 〔右が北〕 (大津川をきれいにする会 HPより)


まず、花壇の方から見てみましょう。

青面金剛像の道路反対側にある 「かにうちの森」花壇への入口


「かにうちの森」花壇 この時期、ほとんど花が咲いていません

かろうじて、ツワブキが花を咲かせていました。

ツワブキ(艶蕗、石蕗) キク科 ツワブキ属
花の形を見ると キク科であることが納得できます


「こもれびの坂」の上にも 花壇の出入口があります


出入口の標示板 柏市の「カシニワ制度」による緑地だと書かれています


では、次に樹林地を見てみましょう。

「こもれびの坂」を上がったところに 樹林地への入口があります。

「こもれびの坂」の斜面の上が「かにうちの森」の樹林地


「かにうちの森」樹林地の入口 「こもれびの坂」に続く三叉路の近く


「かにうちの森」樹林地は高台にあります


きれいに整備された樹林


道の脇には木が並べてあります


清々とした感じの樹林です


「かにうちの森」でのイベント案内



2016年11月21日月曜日

2016.11.21 身近な植物 (11月下旬)

(1)


近所で見た植物です。

ハナセンナが咲いていました。
秋のはじめの9月には、すでに咲いていました。
花期の長い植物です。

ハナセンナ(花旃那) 1 マメ科 センナ属(カッシア属)
別名 アンデスの乙女


ハナセンナ 2 花の形が実に特徴的です


ハナセンナ 3 雄しべは全部で10本あります

ハナセンナの10本の雄しべうち、上に付いている3本は「仮雄しべ」とのこと。
雌しべは緑色をして長く突き出たものです。

詳しくは、以下をご覧ください。

➜  妖精からの贈物 ハナセンナ(アンデスの乙女)


ルリマツリは、6~10月が花期とされることが多いようですが、一年をとおして花をつけるようです。
いつ見てもみごとな花をつけています。

ルリマツリ(瑠璃茉莉) 1 イソマツ科 ルリマツリ属


ルリマツリ 2 傘をたたんだような細い蕾が見えます


(2)


近所で見た植物です。

センダングサの仲間が群落をなしていました。

アイノコセンダングサ(合いの子栴檀草) 1
キク科 センダングサ属

多くの黄色い筒状花が頭状花序をなしていますが、その周りの部分を見ると 白い筒状花が見られますので、アイノコセンダングサだと思われます。

アイノコセンダングサ 2 花の周囲には 白い筒状花


アイノコセンダングサ 3 しぼんだ花


アイノコセンダングサ 4 まだ青い痩果


アイノコセンダングサ 5 ひっつき虫となった痩果


斜面林や谷津で見た植物です。

ゼンマイ(薇) シダ植物門 ゼンマイ科 ゼンマイ属


コムラサキ(小紫) シソ科 ムラサキシキブ属
別名 コシキブ(小式部)


ススキ(芒、薄) イネ科 ススキ属 高さは 3mあまり


ヨシ(葦、芦、蘆、葭) イネ科 ヨシ属

この記事を書いているときに、NHK総合のドキュメンタリー「足元の小宇宙 絵本作家と見つける生命のドラマ」という番組を見ました。

甲斐信枝さんという85歳になる科学絵本の作家の生活を追っていました。
「贈り物」である野草たちと交感している姿が実に楽しそうでした。
代表作である『雑草のくらし ―あき地の五年間―』を手にしたいと思いました。
(追 記 2016.11.23)


2016年11月16日水曜日

2016.11.16 身近な植物 (11月中旬)

(1)


市内の中沢地区を散策しながら見た植物です。

キダチダリア(木立ダリア) 別名 皇帝ダリア
キク科 ダリア属
ピラカンサ(Pyracantha)  別名 常盤山査子
バラ科 トキワサンザシ属


バラ(薔薇) バラ科 バラ属  透明感を感じます (品種不明)


ニシキギ(錦木) ニシキギ科 ニシキギ属 見事な紅葉です


カエデの一種 ムクロジ科 カエデ属

上のカエデは、「黄葉」がきれいです。
「紅葉」ではないので、オオモミジ(大紅葉)でしょうか?
紅葉こうようハンドブック』によると、カエデの仲間は色の変異が大きいそうで、「紅葉」になったり「黄葉」になったりするそうです。
上の写真のカエデは、ありふれたイロハモミジ(いろは紅葉)かもしれません。


割 込 2017.11.11

ほぼ一年が経ちました。
確認のため、再度、同じ場所を訪れました。
葉の形から「オオモミジ」だと分かりました。

オオモミジ(大紅葉) ムクロジ科 カエデ属

この割込 おわり


ウツボグサ(靫草)の一種か  1
シソ科 ウツボグサ属(Prunella

うつぼ」は、「矢を納めて射手の腰や背につける細長い筒」(デジタル大辞泉)のことだそうです。
「ゆき」や「ゆぎ」ともよばれ、漢字では「靫」や「靱」と書かれることが多いようです。
花の形からこの名がつけられています。

ウツボグサ(靫草)の一種か  2
「プルネラ」という学名でも よばれるようです


(2)


近所で見た植物です。

センリョウ(仙蓼/千両) センリョウ科 センリョウ属


ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 タデ属 葉に注目


ガザニア(Gazania)の一種 キク科 ガザニア属
開く前の傘をすぼめたような花の形が特徴的です

(追 記 2016.11.16)


(3)


立ち寄った先で見た植物です。

春の花、ノゲシやオニノゲシが咲いていました。
これらの花期は、主に春から晩秋のようですが、一年をとおして花をつけるようです。

ノゲシ(野芥子) キク科 ノゲシ属


オニノゲシ(鬼野芥子) 1 キク科 ノゲシ属


オニノゲシ 2 花はすべて舌状花です

オニノゲシは、トゲの先をさわると痛く、光沢がある葉のつけ根は丸く茎をいだいているようです。
トゲの先をさわったり、葉をよく観察したりしておけばよかったと思いました。


セイバンモロコシが赤い花穂をつけていました。

セイバンモロコシ(漢字では「西蕃蜀黍」等々) 1
イネ科 モロコシ属


セイバンモロコシ 2 (のぎ)がはっきりと見えます


淡い紫色の花が咲いていました。
野菊の仲間にしては、花弁の数が多すぎるようです。
花期の長いヒメジョオンではないかと思います。

ヒメジョオン(姫女菀) 1 キク科 ムカシヨモギ属


ヒメジョオン 2 いかにもキク科らしい花です

ひょっとすると、ヘラバヒメジョオン(箆葉姫女菀)かもしれないと思いましたが、下部の葉にはヒメジョオンの特徴が見られます。

➜  松江の花図鑑  ヘラバヒメジョオン

(追 記 2016.11.17)


(4)


近所や街中で見た植物です。

菊の花がまっ盛りです。

キク(キク) キク科 キク亜科 キク属

キク科 キク亜科の花は、➀ 筒状花のみか、または ➁ その周囲に舌状花をもちます。
キクは、➁の方ですね。


春によく見るオニタビラコが見られました。
暖地では、一年中 花を咲かせるようです。

オニタビラコ (鬼田平子) 1 キク科 タンポポ亜科 オニタビラコ属 


オニタビラコ  2 ノゲシと同じく舌状花のみ

キク科 タンポポ亜科の花は、舌状花のみです。
中心部分から飛び出しているのが雌しべであり、その基部を取りまくようにあるのが「集葯雄しべ」だそうです。


東武野田線 鎌ケ谷駅から東に延びる道路の脇にある花壇には、アオイ科の植物がさまざま植えられおり、折々に目を楽しませてくれます。

アオイ科としては小さな花を咲かせている低木がありました。
ムクゲに似ている、直径5cmぐらいの花です。

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)のようです
アオイ科 ヤノネボンテンカ属
別名 タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)

名前についている「矢の根」とは、葉が矢尻(矢の尖端部分)の形をしていることからきているようです。

ヤノネボンテンカの概要は、以下をご参照ください。

➜  三河の植物観察 ヤノネボンテンカ

花をよく見ると、中心には雌しべの花柱が見えます。
柱頭は10本に裂開しており、しかも捻れています。
雄しべの花糸は12本あるそうです。

この雌しべですが、何と一日かけて柱頭部分が動くそうです。
柱頭が捻れていたのは、これと関連しているようです。
詳しくは、以下をご覧ください。

➜  なかなかの植物ルーム ヤノネボンテンカの閉鎖花

(追 記 2016.11.18)